■ サーバーメンテナンスのお知らせ(7/24(水)9時~15時) ■

「川崎フットボールアディクト」

山内日向汰、「当たり障りなくやる」ことからの決別【コラム】

山内日向汰は神戸とのスーパーカップに出場。運動量や攻撃面で存在感を示したが、これまでのところACL、Jリーグでの出番はない。その山内がフロンターレの一員になって辞めたことがあるという。

それが「当たり障りなくやる」ことだという。きっかけは戸田光洋コーチからのアドバイスだった。

「今までは当たり障りなくやるっていうのが自分の中にあって。でも、ミツさん(戸田光洋コーチ)とも話しましたけど、自分がフロンターレに居る意味っていうことで、練習の中でも違いを出せるような、っていうところは自分で意識しています」

当たり障りのないプレーという言葉が気になったが、聞くと、練習生としての遠慮があったのだという。

「練習生としての期間が長かったので。練習を邪魔しないようにっていう意識がどこかにあったので」

山内という選手の人柄が透けて見える言葉だが、もちろん「今はもう違うので」とのことですでに意識は変化している。

(残り 681文字/全文: 1077文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ