「川崎フットボールアディクト」

恩納村合宿15日目「最終日の練習試合に向け、入念にフォーメーションを確認」【キャンプレポート】

■佐々木旭、合流

ホテルでミーティングを行ったため、30分遅れで練習がスタート。

控室から練習場に降りて行く際に佐々木旭が「4ヶ月ぶりの合流です」と一言。佐々木は23年9月24日の湘南戦で受傷したのち、11月16日の再発も含めると4ヶ月ほど戦線を離脱していた。

その佐々木はこれまでも部分的には合流しており段階を経て全体合流を目指していた。最終的な完治の判断は川崎に戻ったあとの検査結果次第だとのことだが、ある程度制限なしにプレーできる状態には戻ってきたとのことで一つの山を超えたと言って良さそう。今回の練習を踏まえた検査結果が良好であることを願いたい。

■戦術練習

そんな佐々木を加えた選手たちは鳥かごから二人一組のパスまでのウォーミングアップを25分ほどで消化してフォーメーション練習を実施。フルサイズのピッチに11人同士で布陣して、動き方を確認した。

(残り 920文字/全文: 1293文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ