「川崎フットボールアディクト」

恩納村合宿10日目「オフ」【キャンプレポート】

沖縄・恩納村での合宿は10日目の1月25日が完全オフとなった。フロンターレは前日、札幌とFC SERIOLEを相手に練習試合を行っていた。

オフということで選手たちは思い思いに過ごしていたようだが、その中でも早坂勇希はバフェティンビ・ゴミスとファン・ウェルメスケルケン・際の2ショット写真をポスト。

この両者が英語で会話していたことを報告している。

なお、ゴミスについては選手と英語で会話する機会が少なかったようでチームに馴染むところに難しさを感じていたようだが、サイの加入によりその懸念が少し後退するのではないかと言われている。このあたり、今後に期待したいところ。

同じくGKの安藤駿介はオフ前日と思われる写真をポスト。

https://twitter.com/shunsuke_ando21/status/1750123741932392729

プロ野球、日本ハムファイターズの選手と遭遇したとのことで集合写真が撮影できたことを興奮気味にポストしている。

選手個々、思い思いにオフを過ごしリフレッシュしているようだ。

(取材・文・写真/江藤高志)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ