「川崎フットボールアディクト」

瀬川祐輔「サイドバックが一番楽しかったですね」【コラム】

複数のポジションを任された瀬川祐輔にとって、一番しっくり来たポジションがサイドバックだったという。

「僕はツートップがやっぱやりたいんですけど、そもそもシステム上ないんで。しっくりきたポジションは、サイドバックが一番楽しかったですね」

先制点を決めた30節の福岡戦と、打ち合いになった32節の京都戦で左サイドバックとして出場。攻撃的なポジションの選手なだけに攻撃参加に面白さを感じたのかと考えたが、それに加え守備面にも楽しさがあるという。

「どっちもですね。別に守りが嫌いなわけじゃないんで。色んな自分の良さをサイドバックは出せるかなって思って2試合やりましたけど。サイドバックがすごい楽しかったと思います」

そう話す瀬川は「このチームのサイドバックだからっていうのはあるかもしれません、ボールもいっぱい触れるし」と付け加えた。

(残り 842文字/全文: 1202文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ