「川崎フットボールアディクト」

ライオンポーズよりもまずはチーム【コラム】

いまだ、ノーゴールが続くバフェティンビ・ゴミスではあるが、柏戦でのパフォーマンスを見る限りゴールは目前というような雰囲気が出てきている。そんなゴミスに近況を聞いてみた。

「チームメートも順応に関して非常にサポートしてくれていますし、チームのために貢献するという姿勢は自分も失ってはいけないと思います」

まずチームメイトからのサポートに言及したゴミスは、自分もチームに貢献したいと話す。そして、順応という言葉を使い、フロンターレのスタイルを学んでいる最中だという。

「リーグや国が変われば今までやってきたこととは違うことに順応して行かなければいけないこともあるので。川崎のサッカースタイルを自分も学んでいって、周りの選手達が自分をどうやったら見つけられるのか。そして自分が周りの選手をどうやって生かせるのか。そういったことが徐々に良くなるようにしています」

(残り 885文字/全文: 1259文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ