「川崎フットボールアディクト」

瀬古樹「蔚山に勝ったことをしっかり次の福岡戦につなげられるような取り組みはできていると思うので」【コラム】

瀬古樹は、フロンターレというチームが、うまく大会や試合の結果の一つ一つを切り分けられていると感じているようだ。

たとえば競り勝てたACL蔚山現代戦が、敗戦したリーグ戦の新潟戦の悪い流れを切り替える効果があったのではないかと考えたが、蔚山戦の結果に関わらず切り替えはできているという。

「そもそも、新潟戦はそれはそれでリーグだし。前回の蔚山はACLだし。今回は天皇杯っていう形なので。まぁ全てにおいてその試合、その試合っていうのは切り替えて臨めているので」

(残り 484文字/全文: 709文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ