「川崎フットボールアディクト」

大関友翔が見てきた背中。苦境と向き合える理由【コラム】

これまでの練習試合でコンスタントに得点を積み重ねてきたこともあり、9日の練習試合について大関友翔に聞いてみた。多少なりとも前向きなコメントが返ってくるかと期待したが、そんなことはなかった。

「全然活躍はしてないです」

そう口にした大関は「もっとやらないといけない、全体的に」としつつ「なかなかチャンスにも恵まれずに少し苦しい時間が積み上がっていて、その時間には理由があると思うので。もっとやんなきゃいけないっていうのは感じています」という。

そんな大関の今の課題は「最後のところに関わる」ということ。ゴールやアシストといった「ラストのところでの精度だったり、目に見える結果」でチームに貢献できていないと悔しそうだった。

その一方で「作りの部分はできることは増えてきました」と述べており、一定の手応えはあるようだ。

(残り 501文字/全文: 853文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ