■ サーバーメンテナンスのお知らせ(7/24(水)9時~15時) ■

「川崎フットボールアディクト」

ミスからの2失点を2度挽回しながらも、土壇場の失点で敗戦/J1 第24節 vs広島【レポート】

J1 第24節
8月19日(土)(19:04KICKOFF/Eスタ/21,771人)
広島 3 – 2 川崎

■狙って生まれた2得点

脇坂泰斗が24分に決めた得点は、瀬川祐輔を走らせたジョアン・シミッチからのスルーパスが決め手だった。

「まずノボリから良いパスが入ってきて」とその場面について説明を始めたシミッチは「ずっと瀬川とはミュニケーション取っていて、どのような形で、足元に入れるのか。どのようなシーンで縦に走るのか、出すのかのコミュニケーションは日頃から取ってますので」と振り返る。

そして「あのタイミングでイメージが共有できて、彼も本当に素晴らしい動きをしてくれたからこそ、あのスルーパスに繋がったんじゃないかなと思います」と瀬川に感謝した。

(残り 2580文字/全文: 2895文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ