「川崎フットボールアディクト」

佐々木旭「もっともっとゴールにつながるようなシーンを作れたらよかったと思います」/天皇杯3回戦 vs水戸【試合後コメント】

◯佐々木旭
――斜めの揺さぶりとか、縦へのところとかのリズムはどうですか?
「そうですね、持てている時間はうまくできてると思いますが、
相手に持たれた時にどうするかってところで、ちょっとバタバタしてしまって。そこは少し修正して、次に活かしたいです」

――前半は、もう1〜2点ほしい感じですか?
「決められるシーンはたくさんあったと思うので。そこでしっかり決めていれば、前半に試合を決められたので。そこも各々が反省して次に活かしたいです」

――名願くんとの縦関係はどうでしたか?
「最初、守備のところで練習試合からしっかり話していて、うまくできてたと思いますし、攻撃のところは自分たちの良さというのはお互いに分かっていたと思うので。そこを活かし合いながらできてたのかなと思います」

――今日はいろいろな選手にとってもチャンスというか、久々の公式戦で、監督は会見で、そつなく勝つためにやることをやったというのはすごく評価できる。ただし特色を出すという部分ではまた次の課題だと言われていたんですが、アサヒくん的に今日のプレーはどうでしたか?
「とりあえず勝つこと。勝つことというか、トーナメントは難しいので。チームがまず勝つこと、そこを意識しすぎたかなと。自分の良さをもっと出して行かないといけないのかなって思います。そこのバランスは、もっと自分の良さを出して行ってよかったのかなと思います」

――そこのバランスは自分の中でも難しい部分なんですかね。
「自分の良さを最大限に出せればこのチームは勝てると思うので。そこは次、ガンガンやっていきたいです」

――仕掛けてクロスを上げてましたが、もっと行きたかった?
「もっともっとゴールにつながるようなシーンを作れたらよかったと思います」

(取材・構成・写真/江藤高志)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ