「川崎フットボールアディクト」

宮代大聖「出ている以上は絶対に自分が決めて勝たせてやろうっていう思いはありますし」/天皇杯3回戦 vs水戸【試合後コメント】

◯宮代大聖
――今日は素晴らしいゴールでしたけれども、どうですか手応えは。
「前半から自分たちは結構チャンスがあった中で決めきれず、ああいう展開になったなと思いますし、前半からああいうショートカウンターでバイタルエリアが空いてっていうのは何度もあったので。思い切って振った結果、ラッキーな部分もありましたけど。決まって良かったなと思います」

――先制点にも絡んで、自分の手応えっていうのは相当あるんじゃないでしょうか。
「そうですね、今日は全体的にカウンターというか、ショートカウンターっていうのが多かったので。スペースがあった中で、いろいろな選択肢があってっていうのが多かったと思うんですけど。そこでいい判断ができたのかなと思います」

――先程、監督が会見で、川崎のエースストライカーとしての自覚というのも今後も持っていてほしいみたいな話もしていたんですけど、この連戦の中で、自分が決めてやろうだとか引っ張ってやろうだとか、そういう気持ちも持ってたというのもありますか?
「出ている以上は絶対に自分が決めて勝たせてやろうっていう思いはありますし。監督が言ったように、もっともっとそういう自覚を持って戦わないといけないと思いますし。今(リーグ戦では)こういう順位にいるっていうのも、自分がもっともっと引っ張っていかないといけないと思います」

――オニさんはやっぱり厳しいので、2点は決めてほしかったみたいなことも言っていたんですけど
「自分自身もやっぱ、いつもオニさんは、3点、チームとして3点以上というは常に言われてるので。今日もチャンスはありましたし。自分含めて、みんな2点取ったあと、3点目を取りに行こうっていうのは変わらなかったと思いますし、そういう意味では満足してる選手は一人も居ないのかなと思うので。本当にそういうところはもっともっと突き詰めていかないと、もっと手強い相手っていうのはいると思うので。そういうチームに当たった時に、厳しい展開になってしまうと思うので。そういうところは意識してやっていかなきゃいけないなと思います」

――前半はサイドから中に入るような形で、後半は中央でっていう形でしたが、自分のやりやすさという感触だったり、課題だったっていうのはいかがでしょうか?
「中に入って、後ろ向きなプレーというよりは、前向きなプレーは、サイドから多くなりますし、そういう意味では味方を使う場面というのは、作りの部分で多くなるっていうのが、多少変わるのかなと思うので。そこまで変に、サイドだから、FWだからというのを意識せず、自信を持ってプレーしていればいいのかなと思っています」

――名古屋戦で交代した後にサポーターに手を合わせるような場面がありましたが、今日はゴールを決めてサポーターに勝利をプレゼントしましたけど、そのあたりの心境は?
「名古屋戦でそれをやった記憶はあまりないんですけど、そう見えてたのか、拍手したのがそう見えていたのかはわからないですが、でも、こういう平日の中、遠いところまで足を運んでいただいて。本当に力になってますし、そういうサポーターの人達のためにも本当は毎試合勝利を届けなきゃいけないっていう責任感というのは持ってやらなきゃいけないなと思います」

――ユニフォーム交換は?
「髙岸憲伸です。フロンターレのジュニアとジュニアユースで一緒にやって、ちっちゃい頃は一緒だったので。あとはレオ(安永玲央)も一緒だったんですけど、憲伸とはLINEしてたので」

(取材・構成・写真/江藤高志)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ