「川崎フットボールアディクト」

名願斗哉「結果を残そうと思って試合に入ったんですけど、ボールに絡めなくて、悔しい思いがあります」/天皇杯3回戦 vs水戸【試合後コメント】

◯名願斗哉
――今回チャンスをもらいましたが、改めてどうでしたか?
「結果を残そうと思って試合に入ったんですけど、ボールに絡めなくて、悔しい思いがあります」

――最初は仕掛けようという意識もでてましたが、うまくボールをもらえなかったりとか、自分の中ではもっとこうすればよかったとか、ありますか?
「最初の方はボールが入ったら、仕掛けようと思ってつっかけたりもできてたんですけど、途中からボールを失くしたくないっていうチームの気持ちというか、があってロングボールとかが増えちゃって、なかなかゲームが落ち着かない状況になってしまって。自分がポジションを内側に取るのか、外に張ってたほうがいいのか、あんまりはっきりしないままゲームを進めちゃっていたなというのがあって。そこは自分が反省しないといけないと思います」

――そこは終わってすぐですが、より張った方いいのか、そのあたりはどうでしょうか?
「オニさんからはできるだけサイドに張るように、という指示はあったんですけど、アサヒくんが高い所を取れる時は、自分が落ちて間に入ったりした方が良かったところもあったんで。そこは自分の、状況を判断できてなかったなと思います」

(取材・構成・写真/江藤高志)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ