「川崎フットボールアディクト」

永長鷹虎の水戸への移籍と、寂しさを口にする松長根悠仁と高井幸大【コラム】

永長鷹虎の水戸への育成型期限付き移籍が6月14日に発表された。寮生の移籍は、5月23日に町田への育成型期限付き移籍が発表された松井蓮之に続くもので、短期間の発表に松長根悠仁は「寂しいですね、一気にいなくなっちゃって。二人も」と嘆いていた。

永長の移籍について同じように寂しさを口にするのは高井幸大だ。

「寂しいですね。ちょっと、寂しいですね」

そう口にした高井は、寂しがっている自分が気恥ずかしくなったのか「最初の記事のところ『足がいなくなったって書いておいてください』。足がなくなった、高井号のって書いといてください」と強がってみせたが「寂しい」を2回繰り返したその言葉が本心なのだろう。

(残り 991文字/全文: 1283文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ