「川崎フットボールアディクト」

山根視来が絶賛した田邉秀斗のパスセンス/J1 第5節 vsC大阪【コラム】

山根視来が田邉秀斗のプレーを絶賛した。

3月18日行われたC大阪戦において、フロンターレの最終ラインには登里享平に加え、J1のデビュー戦を先発で迎えた田邉が加わっていた。目新しい顔ぶれについて意識していたことがあったのかどうか、山根に聞いたときのこと。

これまでもプレーしてきたノボリについては特に意識することはなかったと話す山根は「シュウト(田邉秀斗)に関しては、練習に帰ってきて、この1週間一緒にトレーニングしてましたけれども。本当にいい選手だなと、1週間で思いました」と発言。また、ともに試合を戦っている中、ビルドアップのところで違いを示せていたと話す。

「今日もビルドアップのところで、そこで一回中向いて、中に付けてくれたらというところで付けてくれることで、相手の矢印とかが消えるということがすごく多かったので」

(残り 422文字/全文: 779文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ