「川崎フットボールアディクト」

大島僚太の2022年。交錯する複雑な思い【コラム】

大島僚太は、今季を振り返る文脈でまず「悔しい」と一言。それに続き、離脱の時間の長さについて言及した。

「チームの活動になかなか参加できなかったので。僕がいたらどうこうっていうわけではないですけど、チームの活動に、練習に、試合にたくさん参加したかったな、ていう思いが一番強いです」

さらに、長期離脱を繰り返した今季について「しんどかったです」と口にしてとにかくサッカーをしたいのだと述べた。

(残り 615文字/全文: 807文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ