「川崎フットボールアディクト」

好調神戸を迎え撃つホーム最終戦。信じ続けて、戦いたい/J1 第33節 vs神戸【プレビュー】

■目の前の試合

神戸戦を前に取材対応してくれた3選手の様子は穏やかだった。横浜FMに勝ち点2差の2位という現状に達観しているというか。2試合で勝ち点差を6ポイント縮めた現状に浮かれること無く、しっかりと足元が見えているように感じられた。そして、そんな心情が反映されたコメントをそれぞれの選手が残している。

その筆頭が、小林悠だ。

「そうですね、本当に緊張感のある試合が続いてますけど、でも、変わらずというか。平常心でいい準備をして、自分の持っている力を出すっていうことだけだと思うので。特別そんななんか、緊張とかそういうのはないですね」

自分たちから取りこぼさないようにしたいと話すのは山根視来。

「追う立場なので。自分たちから、勝手にこのチャンスを取りこぼさないようにっていう意識で、ずっと練習してます」

(残り 2788文字/全文: 3136文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ