「川崎フットボールアディクト」

上向きのチームを支えるコミュニケーション。湘南の守備システムの攻略を狙う/J1 第28節 vs湘南【プレビュー】

■コミュニケーション

湘南戦を前にweb取材に応じた車屋紳太郎の言葉が印象に残った。チーム内の会話が活発になっているのだという。

「例えばハーフタイムだと今までオニさんが来て喋ることが多かったですけど。自分達で、オニさんが話す前に解決しようって、みんな話してる選手はたくさんいますし」

その一方で、勝てていなかった時にはそうしたコミュニケーションが取れていなかったのだと車屋。

「なかなかチームが勝てなかった時に、自分たちに何が足りないのかを考えるときに、一番はそうやってしっかり思いを伝えるってことができていなかったなと思うので」

だから今のチームの好調さは、選手同士で遠慮なく話し合える環境も大きいと話す。

(残り 3159文字/全文: 3459文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ