「川崎フットボールアディクト」

遠野大弥、インサイドハーフについて語る。リフレッシュ効果に期待【コラム】

遠野大弥がインサイドハーフについて説明してくれた。

「去年は右ワイドだったりしてたんですが、今年になってインサイドで出はじめて。ゴールに向かう回数っていうのは少なくなってしまうんですけど」

またポジションの特徴として、求められる守備のタスクにも違いがあるという。

「守備の部分も求められますので。自分の課題はやっぱ、守備なのかなって思います。攻めるのはいいんですが、やっぱり戻るとこだったり、まだまだ間を締めることだったり。そういうところはまだまだインサイドで出た時に突き詰めなきゃいけないなって」

(残り 1060文字/全文: 1306文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ