「川崎フットボールアディクト」

強いチームだからこその試練。リバウンドメンタリティで勝利を/J1 第25節 vs京都【プレビュー】

■リバウンドメンタリティ

精神面で高負荷の状態が続いている。特に横浜FM戦に続くルヴァン杯C大阪戦はアディショナルタイムの失点で敗退しており、選手たちが燃え尽きていないのかが心配だった。と、そんな質問を鬼木達監督にしてみた。

「毎年そうですけれども」との前置きで話し始めてくれたのは、つまるところ、強いチームとは、そういう時でも戦うのだという話だった。

「やっぱり中盤になってくると、ビッグゲームも増えれば、タイトルをかけて戦っている間にポンポンポンと一気に失ってしまうっていうのはやっぱりありますので。そういう意味でいうと、そこからのリバウンドメンタリティっていうのは、簡単なことではないとは思ってます」

(残り 2309文字/全文: 2609文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ