「川崎フットボールアディクト」

瀬古樹「ああいうところに蹴り込んでも触るんだなっていうのが、世界だなって感じたところでした」/Paris Saint-Germain JAPAN TOUR 2022 vsPSG【試合後コメント】

○瀬古樹
――アシストのあの場面を振り返っていただけますか。
「結果を残したいっていう気持ちと、チームとしても、やっぱり少しでも差を縮めたいっていう思いで、僕はやってたので。自分にまた、蹴ったコーナーが戻ってきたんで。そのままもう一回、中に入れて。ヤマくんがいいところにいて、合わせられました」

(残り 1590文字/全文: 1735文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ