「川崎フットボールアディクト」

勝利でつながる可能性。楽しみなスタートリストとともにGS最終戦に臨む/ACL2022 GS第6節 vs広州【プレビュー】

■立て直し

鬼木達監督の率直な感想であろう。鬼木監督は蔚山現代戦敗戦のショックは大きかったと話す。

「簡単に立ち直れるかというと、すごく大きなショックだったと思ってます」

2020年以降、敗戦の少ないシーズンを戦ってきただけにここ一番の敗戦がチームにダメージをもたらしているということだろうが、鬼木監督は負けたあとが大事で、やるべき事ははっきりしていると明確だ。

「この大会に限らず、負けたあとを大事に戦ってきているので。そういう意味で言うと、自分もそうですし選手もやるべきことはしっかりとわかっていると思っています」

(残り 2748文字/全文: 3003文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ