「川崎フットボールアディクト」

見慣れた連携が終わらせた試合。取るべき人が取った大一番/ACL2022 GS第4節 vsJDT【レポート】

ACL2022 GS第4節
4月24日(日)(22:00KICKOFF/Sultan Ibrahim Stadium/16679人)
JDT 0 – 5 川崎

■覚悟のゴール

サッカーは得点を取らなければ勝てない競技で、つまりサッカーの大きな仕事の一つはゴールだ。そういう意味で、この試合2ゴールの小林悠の働きはマン・オブ・ザ・マッチにふさわしいものだった。今季はじめてのセンターフォワードでの先発で責任を果たした。

ポイントは家長昭博の右ウィングでの先発と、それによってもたらされた山根視来と、脇坂泰斗との連携であろう。

「去年からずっとやってますが、久しぶりにああいう形を出せました」と話し始めた山根は、自らの走り出しを自虐的に「無謀な意図」と説明しつつ、それに合わせられる脇坂と家長の凄さについて解説してくれた。

(残り 2267文字/全文: 2613文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ