「川崎フットボールアディクト」

車屋紳太郎、狙ったハットトリックと難しさ。そしてマクラ【コラム】

途中交代出場で同点ゴールを決めた蔚山戦に引き続き、先発フル出場した広州戦で2ゴール。本職以外のところで力をチームを助けてきた車屋紳太郎に、ジョホールバルでのACLについてなど聞いてみた。

■改めて広州戦

車屋紳太郎にとって、2試合連続2得点は「記憶にないです」という出来事だったという。

「運良くというか、いいところにこぼれてきますね」

ちなみに3点目は「狙ってたんですが、そう簡単にはいかないですね」と苦笑いしていた。

負傷から戻ってきて2試合目。広州戦は90分間プレーしたが、押し込む展開で負荷自体は軽めだった。それでも体には負担が残ったと話す。

「昨日久しぶりに90分やって結構押し込む展開でしたが、前半から結構、グラウンドの状況もあったかもしれませんが。体的には結構負担はありました」

(残り 1406文字/全文: 1746文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ