「川崎フットボールアディクト」

宮城天「いい形でトラップができたので。そういう面でゴール前まで行けたので。良かったです」/ACL2022 GS第2節 vs広州【試合後コメント】

○宮城天
――小塚くんだったり車屋くんだったりからフィードが出てきてて裏を取ってましたが、そのあたりは、相手のラインの高さも含め、狙い通りた部分だったのでしょうか?
「映像でも裏は狙えるということを全体で共有していたんですが、やってみてラインが高いわりにあまり付いてこなかったりしたので。これは下で回すよりも一発で背後に行った方がチャンスになるのかなと思った結果、アシストもできて、早い時間に裏で起点を作れて点が重なったので。そういう面ではよかったなと思います」

(残り 549文字/全文: 778文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ