「川崎フットボールアディクト」

【プレビュー】J1 第17節 川崎vs長崎 長崎の出方を見つつ、攻守で賢く試合を進めたい

■酷暑の中の戦い
ニュースによると暑すぎる夏により、夏商戦が好調なのだという。経済の活性化は国としてはありがたいのだろうが、スポーツ選手にとってはタフな環境となる。生身の人間が行うスポーツだ。無尽蔵のスタミナで90分間動き回れる選手はプロと言えど居ない。となると、状況判断を的確に行い、行くところと行かないところの区別が必要になる。そうした試合運びの必要性について阿部浩之は次のように話す。

「相手のいいところを出させずにこっちのゲームにできればと思いますし、札幌戦みたいにボールを繋ぐところは繋いで、やれればなと思います」

(残り 1798文字/全文: 2058文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ