「川崎フットボールアディクト」

【コメント】ACL GS 第1節 上海上港戦(奈良竜樹)「この前のゼロックスくらいの緩さだとたぶん好き放題にやられてしまうので。そこは後ろも求めないといけないところだと思います」

ACL GS 第1節の上海上港戦を前にした練習後のコメントです。

◯奈良竜樹
「全員が思うところはあったと思いますし、後ろは後ろでしっかり守らないといけないという気持ちはあるし、前の選手は前の選手で去年やってた切り替えの速さの部分が必要だというのは感じたと思うし。
次の相手はそれをやって初めて守れるか、というくらいのギリギリの相手だと思うし、この前のゼロックスくらいの緩さだとたぶん好き放題にやられてしまうので。そこは後ろも求めないといけないところだと思います。後ろは後ろで最後まで諦めずに付いていく。シュートに対して体を張るという、そういう粘り強さの部分もこの前のゼロックスは足りなかったところがあった。

(残り 650文字/全文: 949文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ