FOOTBALL TODAY KANAZAWA

そこに見えたクラブの未来像。スクール生160人とトップチームの選手・スタッフが参加してのサッカー大会開催

須藤直輝が変幻自在のドリブルで小学生を魅了すれば、廣井友信や丹羽詩温が4歳の子どもたちと座りながら談笑する。西川圭史GMが「さあチャンスだ」「ナイスシュート」と盛り上げれば、柳下正明監督が「ああいう子はいいね」と子どもたちのプレーを褒める。

 

26日、季節外れの暖かさと好天に恵まれた安原には、クラブに携わる人々の笑顔があふれていた。

(残り 1600文字/全文: 1771文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ