FOOTBALL TODAY KANAZAWA

カオスな世界に秩序を取り戻した男【第38節・岩手戦レビュー】

 

効率的な前半、らしくなった後半

 

やはり勝負は岩手が選手交代をしてからだった。金沢としては相手の交代後にバタバタするところは変わらなかったし、そこで失点するところも変わらなかった。ただ、この試合、金沢には嶋田慎太郎というとっておきのカードが手元に残っていた。連戦中との違いはそこにあった。

(残り 2565文字/全文: 2719文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ