FOOTBALL TODAY KANAZAWA

高安孝幸が初先発で得たもの。2つの反省点とは?

 

初先発の緊張ではなく……

 

「前半は緊張しているのが見られた。後半は背後をやられたが、後半のほうが狙いをもって動き出しなどが早いなと思った」。前節の松本戦で初先発を飾った高安孝幸に対する柳下正明監督の評価だ。立ち上がり、杉本太郎に突破を許しかけ、なんでもない横パスをカットされることもあったため、記者席から見ていても少し緊張しているのではないかと思っていた。しかし、本人の見解はまったく違った。

 

(残り 1073文字/全文: 1286文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ