ぎふマガ!~FC岐阜を徹底的に応援する公式ウェブマガジン~

上田智輝、4年越しの古巣対決へ!「成長した姿をみんなに見てもらえるチャンス。自分を表現したい」【2024 J3第14節vs.奈良クラブ(AWAY)Preview Pick Up】

 

撮影:後藤勝


 茂木秀が試合中負傷したことによるJ3第12節AC長野パルセイロ戦のスクランブル出場から3試合目、新たな守護神となった上田智輝が第14節奈良クラブ戦に向けて闘志を燃やしている。上田は2018シーズンから2020シーズンまで、当時JFLだった奈良に在籍。薩川了洋監督、杉山弘一監督、林舞輝監督のもとでプレーした。足もとの技術を評価された上田はその後、岩瀬健監督の大宮アルディージャ、須藤大輔監督の藤枝MYFCでパスをつなぎボールを動かしていく攻撃的なフットボールに適合。今年、上野優作監督のFC岐阜にたどり着いた。一方、奈良もフリアン マリン バサロ監督を招聘してスペイン流を貫徹、J3加盟を果たしている。個人とクラブとで立場は異なるが、ともにプロとして磨いてきた者同士の激突。成長のストーリーとしても見逃せない一戦となる。
 
◆ビルドアップのところは評価されていた

(残り 2439文字/全文: 2903文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ