ぎふマガ!~FC岐阜を徹底的に応援する公式ウェブマガジン~

今こそチーム全体でこの苦境にぶつかっていく時。勝利に飢えた選手の力で6試合ぶりの勝利を【2024 J3第13節vs.ギラヴァンツ北九州(HOME)Preview】

 

熱い気持ちを吐露した北龍磨。©FC GIFU


 FC岐阜は5月6日、岐阜メモリアルセンター長良川競技場でJ3第13節に臨み、ギラヴァンツ北九州と対戦する。
 
 前回のホームゲーム、第10節テゲバジャーロ宮崎戦は1-2の敗戦。2節続いたアウェイゲームでも勝利を挙げることが出来ず、特に前節は前半22分に先制しながら悔しい逆転負けを喫し、これで5試合未勝利となっている。
 
 是が非でも今節は6試合ぶりの勝利を収めたいところだが、状況は岐阜にとって芳しくない。負傷者が多くなっている状況で、前節から中2日で調整が難しく、しかも相手は苦手の北九州。J3での過去2シーズンの対戦に限って言えば1分3敗であり、その引き分けもとなった2023シーズンの開幕戦も、後半は一方的に押し込まれていた。
 
 だが、こういう時にこそリバウンドメンタリティが試される。4日のミーティングでは竹元義幸スポーツディレクターから「一人ひとりがチームフィロソフィーを見直そう」という言葉があったが、そのとおり、今いる選手、ここまで出場機会が少なかった選手が奮起し、県民のためひたむきに闘う姿勢を示し、チーム全体で勝たないといけない。前節は横山智也がチャンス創出のための組み立てに貢献し、上田智輝がPKを止めた。一人ひとりの意地に期待したい、ゴールデンウィーク最後の一戦だ。
 
◆2024シーズン一巡目のギラヴァンツ北九州
 

(残り 2904文字/全文: 3589文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ