ぎふマガ!~FC岐阜を徹底的に応援する公式ウェブマガジン~

生地慶充、今シーズンの2点目が貴重な同点ゴール。「サイドバックの選手がああやって中に入ってきたら相手も嫌だと思う」【Impressive Player/2023 J3第27節 相模原vs.岐阜(AWAY)】

 

技ありの同点ゴールを決めた生地慶充。©FC GIFU


 このまま1点ビハインドで折り返してしまうのか──そういう気配が漂った前半48分、生地慶充と村田透馬が、優れた個の力で不利な状況を覆した。村田が相手3バックの右で守る綿引康を連れて走り、切り返してクロス。そのボールをゴールキーパー東ジョンの前に入ってきた生地が右足で方向を変えるシュート。ふたつの“技あり”がSC相模原の5-3-2を攻略し、FC岐阜は息を吹き返した。
 
◆追いつこうという雰囲気はあった
 

(残り 1466文字/全文: 1776文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ