ぎふマガ!~FC岐阜を徹底的に応援する公式ウェブマガジン~

羽田一平、世界基準のサイドバックを視野に。「長所を出せなくなったらおしまい。自分の良さを忘れないようにしたい」【Past to Present:羽田一平/後編】

 

撮影:後藤勝


 Jリーグの世界に入ってくる時点で、ほとんどの選手は一定の基準を超えた能力を持っていることになる。そしてそのなかでも偏りがあり、どちらかと言えば技術の巧さが突出している選手、どちらかと言えば強度の高さが突出している選手といったように傾向が見えてくるが、羽田は自身を後者だと捉えているようだ。
 
 羽田はこれからどこへ向かうのか。熾烈なポジション争いを繰り広げる現在地と、今後の目標について掘り下げていく。
 
◆足りない部分を見つけて課題に取り組むことが大事
 

©FC GIFU


「自分は決して巧い選手ではない」と、羽田は自らを語る。
 
「大学の頃からずっと巧い選手ではなく、闘志溢れるプレー、豊富な運動量、前への推進力の高さといったものを長所にして自分はやってきました。巧いプレーをしようというよりは、周りの巧い人たちに自分の長所なりプレーを使ってもらうほうの選手だなと、自分では思っています」
 

(残り 2483文字/全文: 3048文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ