ぎふマガ!~FC岐阜を徹底的に応援する公式ウェブマガジン~

サイドの優位性で勝つサッカー。見えてきた岐阜のスタイル【J3第23節Match Review】

 

 
 J3第23節Y.S.C.C.横浜戦でFC岐阜は中断の藤枝MYFC戦を除き4試合ぶりとなる勝利を収めた。YS横浜の星川敬監督が「立ち上がり12分でゲームが決まってしまった」と試合後に語ったように、相手に主導権を渡さなかった序盤の猛攻がすべてだが、そこ以外にも語るべきポイントは多い。時系列に沿って見ていこう。
 
◆サイドでの優劣
 
「相手が立ち上がりの12分間で2点を獲るまでの圧力には、いい選手が揃って集中してきたときの力強さを感じましたし、日本代表やJ1経験者のスキルを肌で感じました。グループで個人に対応出来なかった。特に左サイド、自分たちの右サイドですがあそこのワイドの選手(村田透馬)を止められなかったという印象です」(星川監督)
 

(残り 3358文字/全文: 3703文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ