「ファジラボ」寺田弘幸

【無料】木山隆之監督『自分たちがゴールを割る回数が1回しかなかった。最終的にはそこが敗戦の形になったんだと思います』(佐野航大 田中雄大 徳元悠平 ヨルディ バイス)【2022 J2第39節 金沢戦 コメント】

2022 J2第39節
10/2 14:00K.O. @石川県西部緑地公園陸上競技場

金沢(3-1)岡山

19分 杉浦恭平
29分 ヨルディ・バイス
52分 オウンゴール
90分+1 嶋田慎太郎

木山隆之監督

お疲れさまでした。1-3の敗戦という形になりました。決してすごく悪かったわけではないんですけど、前半からちょっと自分たちのいつものストロングなところとか、プレーの質とかが上がり切らないうちに、金沢さんの方に得点を取られてしまったかなと思います。戦術的なズレも多少あったんですけど、それが直接そんなに大きな原因になったとは思っていなくて。どっちかと言うと、基本的な自分たちのプレーの質とか強度とか、そういうところで流れを失ってしまったかなと。

ただ、本当はそれじゃダメなんですけど、目が覚めた。しっかりと押し込んでいって崩しにかかってPKを取った。そこで畳み掛けたかったんですけど、何回かチャンスがあったけど、少しチャンスを逃している間にまたフィフティーな展開になっていった。最終的に前半は金沢さんの方が最後にCKを取ったり、押し込んだりする形で終えました。

ただ、噛み合わせが悪かったところもゲームの中である程度は修正できましたし、その中でやっぱり次の1点が大事だなと思って後半に入りました。チャンスはありましたけど、決め切れないうちに相手の方にまた1つ得点が入ってしまった。その中で追っ掛けて何とか同点、逆転にしなきゃいけない中で、どんどんカードを切っていって、最後はかなりリスクを背負っていった。それで3点目を取られてしまったことは受け入れるしかないです。今日は自分たちがゴールを割る回数が1回しかなかった。最終的にはそこが敗戦の形になったんだと思います。

われわれは、ここ何試合もずっとそうですけど、1ポイントを目指して戦っていない。リスクを背負っていくので、当然、得点を挙げる力のあるチームに対しては取られる可能性もある。それも承知の上でやっていることなので、敗戦は自分たちの中でしっかりと受け入れようと思います。

数字的にはまだ自動昇格の可能性が残っているかもしれないですけど、ほぼ難しいかなと。あとは1つでも上の順位で終えて、ホームで戦える権利を得てプレーオフにつなげていけるように全力でまた頑張っていきたいと思います。

――前半から自分たちのストロングが出せなかった要因をどのように考えていますか?

1つは簡単なミスが多かったなと。せっかく押し込んで攻撃をしてゴールを割れなかったとしても、2次攻撃、3次攻撃につなげられるようなところで簡単にボールをロストしてしまったり。あとは、われわれはロストしてもそこでの即時奪回が持ち味なんだけど、そこの強度が上がらなかったり。金沢さんもそこで勇気を持ってショートパスをつないで2トップにボールを当ててサポートしてっていうところがあったので、そこで奪い切れるときはわれわれのペースなんですけど、ちょっと切り替わったときの強度がいつもより遅れていたなと。裏を返せば、金沢さんの方がそこをうまく掻い潜ったっていう見方もできると思います。われわれの立場からすると、今日はちょっとらしくないなって思うことが立ち上がりの特に20分までは多かった気がします。

――昇格争いの重圧があったのでしょうか?

どうだろうね。あるんじゃない、やっぱり。昨日に横浜FCが勝っていて勝たないと8ポイントが広がるっていう中で、少し大事にっていうのはあったかもしれない。でも、われわれは今年はいろんな苦難を退けてここまで来た。選手たちにはもう失うものなんてないじゃないか、思い切ってやっていこうよって言ってきた。それでここまで来られたと思うんですけど、今日はちょっとポジティブなところが少ない立ち上がりだったっていう気がしないではないです。

――残りの試合でどういうところを強化していきたいですか?

われわれが今年に積み重ねてきたものが残りの3試合で崩れるわけでもなく、全く新しいフットボールを作れるわけでもない。自分たちがやってきたこと、強く守備をして相手コートでプレーすることをしていく。その中でどんなシチュエーションでもゴールを目指してプレーをしていくことを、より実践できるように。

あとは、さっきも言ったようにそういうことができたときに、もう少し落ち着いてチャンスクリエイトができるような意識とかプレーの質とか、そういうところを高めていければ、こういう競ったプレッシャーの掛かる試合でも、最後に枠を射抜くことだったり、シュートを打つチャンスを増やすことだったり、そういうことが可能かなと思うんで、それをやっていきたい。

あとは、メンタルも含めてわれわれは本当にタフに強度を持ってやっていくのが非常に重要なサッカーを志向しているので、もう1回そこをやっていきたい。あとはトレーニングをしっかりと考えながら、しっかりとチームを作っていって、良い状態でプレーオフに臨めるようにやっていかないといけないかなと思っています。

――試合が終わってすぐに円陣を組んでいました。どんな言葉を掛けていたんでしょうか?

選手たちもやっぱり非常にショックだったと思います。でも、その中でわれわれが今年にやってきたことは決して間違いじゃないし、簡単にできることではないことをやってきたと思う。その中で今は3位という順位にいて、自動昇格は厳しくなったけど、もう1回昇格を目指す。道が閉ざされたわけではないので、気持ちをしっかりとそこに向けていくこと。あとはさっきも言ったように、残りの3試合でまだもっと自分たちは良くなるところがある。しっかりとオフを挟んでもう1回リフレッシュして、次の戦いに向けてやっていこうと。プレーオフの準備をするために3試合を適当に戦うんじゃなくて、やっぱりわれわれは1試合1試合で真剣に勝ちを目指していく。そうやって来たから今ここにいると思うんで。残りの3試合をしっかりと戦う準備をしていこう。そういう話をしました。

――選手たちの表情はいかがでしたか?

本当にタフで真面目な選手です。もちろん失点に絡んだシーンとかもあるので非常に悔しい想いをした選手もいると思います。ただ、そういうのも含めてチームで戦ってきた証拠なので。しっかりと気持ちと身体のリカバリーをして、また次の戦いに向かっていければ僕は良いと思います。

次のページ

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ