「ファジラボ」寺田弘幸

【無料】河野諒祐『今の勢いを大事にしながらしっかりと結果を取っていきたい』【政田サッカー場直送レポート】

ご結婚おめでとうございます!

めでたい! 本当におめでたいです!

パートナーと共に歩み始める河野諒祐に、これからも注目です。

(取材日:9月21日)

河野諒祐

――ご結婚おめでとうございます!

ありがとうございます。

――ビックリしたよ

そうですか(笑)

――どこで知りあった方なの?

そういうの話すんすか(笑) 地元の方ですよ。

――へえ~ どんな方?

穏やかな人です。

――なんでこのタイミングで?

いや、特にないです。自分の感覚のタイミングです。

――プロポーズしたの?

しましたね(笑) もういいですか?

――いや、もうちょい(笑) シーズンの重要なタイミングで入籍して、より気持ちもあらたまるのでは?

責任感が増すんで、より一層頑張ります。

――いつもより言葉数が少ないね

(苦笑)

――もう岡山で一緒に住んでいるの?

住んでいます、最近から。

――じゃあ本当に新婚ホヤホヤだ

そうです。楽しいですよ。もういいですか(笑)

――では、次の仙台戦に向けて。残り5試合になったけど、どういうことが大切になってくるだろうか?

まず、自分たちが勝ち続けなきゃいけない。結果がマストで求められるので、今の勢いを大事にしながらしっかりと結果を取っていきたいと思っています。

――チームの勢いを感じている?

感じていますね。この勢いって何なのかなってすごく考えているんですけど、正直、これっていうものは分からないんです。チームとしてやることがハッキリとしていて、競争もあって、それぞれが役割を全うしているからこそ生まれているものなのかなと思うんで。

しかも、これはファジアーノの伝統であって、最近に生まれたものではないと思う。昔に在籍していた人たちから積み重ねてきたものだと思いますし、今年は昇格のチャンスが目の前にあるので、過去の功労者の方のためにも自分たちが今年は結果を残さないといけないと感じています。

――いつ頃から勢いを感じている?

う~ん、いつからかな。

――アウェイの新潟戦くらい?

何個か段階があって、ちょっとずつ勢いが付いていった印象です。1つの区切りがあって、ここから、というよりも、いろいろタイミングがあったと思います。新潟戦もその1つだと思います。

――この勢いを持続させていくためには、どういうことを続けていくことが大事だろう?

特別に新しいことをやるわけではなくて、今できていること、自分にやれることを続けるだけだと思います。それぞれが自分の役割を全うすればいいんじゃないかなと思いますね。

――仙台戦はまた緊張感のある試合になる。相手も必死に来ると思うけど、どういうところが勝負のポイント?

やっぱり、どっちが昇格に対する想いが強いか。そこが1番大事だと思う。自分たちはホームでできますし、サポーターの力を借りながらしっかりと勝ちたいと思います。

――昇格への想いは強まっている?

そうですね。J1(湘南)を契約満了になったときから、ずっと目標にしてきたんです。ようやくもう少しで手の届くところまで来ているんで、J1に対する想いは強いです。このクラブで上がれたらすごく幸せなことですし、想いは人一倍強いと思います。

――奥さんも試合を観に来るの?

またその話(笑) 観に来るんじゃないですかね。

――奥さんはサッカーに詳しい?

いや、詳しくはないです。人並です。

――サッカーの話をしたりするの?

そんなにしないですね。

――アシストをした試合の後の奥さんの反応は?

アシストしたね、くらい(笑)

――2人ともすごく落ち着いてそうだ

そうですね。そんな感じです。

〈 了 〉

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ