「ファジラボ」寺田弘幸

【無料】木山隆之監督『勝てたことをまた次へのモチベーションにしてやっていきたい』(柳育崇 河野諒祐 佐野航大 仙波大志)【2022 J2第31節 山口戦 コメント】

2022 J2第31節
8/13 19:00K.O. @シティライトスタジアム

岡山(3-2)山口

9分 チアゴ・アウベス
22分 ヨルディ・バイス
26分 高井和馬
45分+3 菊地光将
65分 柳育崇

 

木山隆之監督

お疲れさまでした。

本当にたくさんのファン、サポーターの方に来て後押ししていただいて本当に良い雰囲気でやらせていただきました。感謝申し上げます。

8月はこのゲームしかホームがなかったので、もちろん今のわれわれの状況もありますし、絶対に落とせなかった。ここ最近ホームで勝ち切れない試合も続いていたので、何とか勝利をっていう試合だったと思います。

内容に関してはしっかりと自分たちの持っているものを出しながら、2-0まで行けたのは良かったんですけど、1つ失点をして。そのあと少しプレッシャーがかからなかったり、相手のポゼッションがうまかった部分もあって自陣でプレーする時間が長くなって、そこで失点したのは痛かった。それでも慌てないで3点目を取るチャンスもカウンターで何回か来ましたし、そういうところをしっかりと決め切っていくことが大事。リードして終わるってことは必要だったかなと思います。ちょっとフラストレーションっていうか、相手の前への守備とか自分たちのパスのつながらなさで自制心を失う瞬間がやっぱり前半はあったかなと。その中で追い付かれました。

ただ、選手たちに言ったのは0-0からのスタートなんで、もう1回自分たちのやるべきことをしっかりとやっていこうっていう形で後半は入りました。後半、山口さんのことは僕は分からないですけど、比較的に相手コートで攻守をする時間が増えて、セットプレーやロングスローの回数が増えていって、少しずつゴールに近付いていった中でセットプレーで取れた。そこは自分たちの強みとして良かったと思います。あとはしっかりとゲームを締めていく作業を今日はやれたので、勝てたことをまた次へのモチベーションにしてやっていきたいなと思います。

つらつらと話しましたけど、そういうゲームだったと思います。

――前半はなかなかプレッシャーがかからなかったと思いますが

いろいろありますよ。でも、サッカーはプラスとマイナスなので。プラスを前面に出していけばマイナスが来ることも当然ありますし、それも少し自分たちの中で許容しながらゲームをしていこうという想いがありました。

――前半の途中に3バックに変えた狙いは?

山口さんは本当にポゼッションがうまくて、幅を使いながら、来たらいなして間に入れて逆サイドに持っていって、われわれのニアゾーンとかバイタルにボールを入れるのが非常にうまいので。それは分かっていて、そうなったときにはしっかりと人を当てに行って守備を安定させて前に行くっていうアイディアも持っていたので,リードしていたので早めにそっちに切り替えました。その中で2つ目の失点をしたのは反省点ですけど、守備自体はちょっと落ち着いたかなと思います。

――セットプレーは相手も警戒してきていると思いますが、上回ることができています

トレーニングも週に1回しっかりと時間を設けてやっていますし、あとはやっぱり、キッカーのフィーリングが非常に良くなっていることと中の入り方。少し焦る気持ちを抑えてためておくことだったりとか、そういうポイントが非常に良くなっている。あとは、回数が多ければフィーリングが合ってくるんで、何回相手を押し込んでCKや深いエリアでのスローインとFKを取れるかだと思う。そういうところはチーム全体のプレーも影響していると思うので、全体的なもので取れているんじゃないかなと思いますね。

――シーズンの最後まで大事な武器にしていきたいです

僕たちは高さだったり強さだったりキッカーだったりを持っているし、僕たちは決してJ2の中でスキルフルなチームではないと思うけど、相手が嫌がる武器はたくさん持っている。勝っていくための武器をみんなで探しているんで、それを続けていきたいと思います。

――永井選手と仙波選手を投入してから勢いを盛り返せたと思います

後半は比較的、前に行くスタンスがチームに出ていたけど、デュークも今日はちょっと相手とのバトルでやり合いになってフラストレーションも溜まっていたし、イエローも1枚もらっていた。中盤のところは真ん中を3人にしていて、あそこで強度を出していかないと、このシステムにしている意味がないので、仙波にはしっかりとプレスで強度を出すこととボールを持ったときはしっかりと2トップにボールを配給していくこと、背後にボールを出していくこと、そういうことを要求して。永井には、こないだはあんまり動けなかったし、今日は少し時間が長いけど、とにかくハードワークしてサイドのスペースに流れることであったり、相手の3バックに難しくてもしっかりとプレッシャーをかけていくことをお願いして出しました。良くやってくれたと思います。

 

次のページ

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ