「ファジラボ」寺田弘幸

【政田サッカー場直送レポート】選手コメント:「最後に僕らができることは今までやってきたことをすべてぶつけること」(喜山康平)+伊藤大介

最終戦を何もかかっていない状況で迎えることになり、「自分の力不足でこうなってしまった」と喜山康平は言い、伊藤大介は「本当に申し訳ない」と言った。何よりも自分自身に対して納得がいかない様子だった。しかし、二人の目には精気が宿っていて、「とにかく勝って終わりたい」(喜山)「何としても勝点3を取りたい」(伊藤)と力強く語った。

(取材日:11月17日)


(残り 1639文字/全文: 1812文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ