赤鯱新報

【東京Vvs名古屋】プレビュー:コンパクトに、積極的に。久々の名門との対戦は、スタイル的にもミラーゲームとなる予感。

■明治安田J1リーグ 第19節
6月22日(土)東京Vvs名古屋(18:00KICK OFF/味スタ)
———–

東京VとのJ1での対戦は2008年以来となり、対戦自体は2017年のJ2リーグ以来8年ぶりとなる。ふと当時の試合結果シートを紐解けば、08年の対戦時には相手に福西崇史、服部年宏、那須大亮、土肥洋一らの名前があり、ベンチには高木義成、そして現名古屋のトップチームコーチである吉武剛コーチの名前も見つかる。対する名古屋の面々にも楢﨑正剛アシスタントGKコーチや吉村圭司コーチの名前があり、ストイコビッチ監督初年度の懐かしい顔ぶればかり。J1での対戦に限定すれば、それほどまでの月日が経った久々のオリジナル10マッチは、8年前ともまた違った、まるで違った特徴を持った2チームの対戦として幕を開ける。

(残り 2881文字/全文: 3236文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ