赤鯱新報

藤井陽也「ずっとここでプレーしてきたので、すごく懐かしさも感じますし、やっぱり何回来てもいいなっていうのは感じます。みんなと話してほんとに僕自身もパワーもらいましたし、すごくいい機会だったなと思います」

【クラブニュース】藤井陽也がアカデミーを電撃訪問!3カテゴリーの選手たちにメッセージを贈り、いざ完全移籍でのコルトレイク2年目へ。

藤井陽也

〇藤井陽也選手

Q:3つのカテゴリーへの素晴らしいメッセージ、お疲れ様でした。

「そうですね。いや、もう話すことがないですね、ここで(笑)」

Q:まずは率直な感想がいかがでしょうか。こうしてアカデミー、自分の原点であるところに来てみての。

「そうですね。ずっとここでプレーしてきたので、すごく懐かしさも感じますし、やっぱり何回来てもいいなっていうのは感じます。みんなと話してほんとに僕自身もパワーもらいましたし、すごくいい機会だったなと思います」

コメント用

Q:そのパワーを得て、またベルギーでのシーズンに向けて今考えてることは。

「でも、もう休む期間は終わって、ちょっとシーズンのモードに入ってきたかなって感じです。ベルギーでの前のシーズンは入りは良かったんですけど、やっぱりケガがあってなかなか難しいシーズンにはなってしまいました。でもある程度、ベルギーでやれるっていう感覚は掴めたし、最初からもっと、シーズン通してやれれば、またいろいろな世界が見えてくると思います。そういったところで自分はもっともっとチームの中心になって、攻守ともにやっていかなきゃいけないかなっていう強い思いはあります」

Q:負傷欠場はキャリアでも初めてだったと思いますが、海外での変化もちょっとありつつのことでもありましたか。

「そうですね、やっぱり2年間ほぼフルで出て、自分自身は大丈夫だと思ってたけど、いろいろな疲労が溜まっていたんだと思います。代表戦もあってというところで、もちろん言い訳はできないですけど、そういう要因はもちろんあるかなと。環境も変わって、食事もやっぱりいろいろ変わって、という難しい状況でしたけど、そういう中でもケガしないというのは大事だと思いますし、いろいろなことにもっと気を遣ってやっていかなきゃいけないかなと思います」
コメント用
Q:ベルギーでやってみて、改めて自分のレベルが上がった、たくましくなったなど、実感している成長は?

(残り 2510文字/全文: 3365文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ