赤鯱新報

長谷川健太監督「この悔しさを次の試合にぶつけるしかない。勝ってやっぱりそういう気持ちを晴らしていくしかないという風に思います」【6/15練習後のコメント】

〇長谷川健太監督

Q:まずは悔しい天皇杯の結果があり、切り替えてリーグ戦は仕切り直しというところですが、監督はどういうアプローチをチームに対してしていますか。

「いや、もう全員に、『どんな理由があってもホームで負けちゃいけない』と、こういう話をしたので。この悔しさを次の試合にぶつけるしかない。勝ってやっぱりそういう気持ちを晴らしていくしかないという風に思います」

(残り 5100文字/全文: 5280文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ