赤鯱新報

吉田温紀「相手が引いている中でなかなかいいポジションで受けて前に出したりというところができなかった」【名古屋vsJSC】試合後の選手コメント

■天皇杯 JFA 第104回全日本サッカー選手権大会 2回戦
6月12日(水)名古屋 0-1 JAPANサッカーカレッジ(18:30KICK OFF/豊田ス/3,178人)
得点者:51′ 上元直樹(JSC)
———–
〇吉田温紀選手

Q:復帰はおめでたいのですが、試合は残念な結果となりました。

「前半はボランチで出たんですけど、相手が引いている中でなかなかいいポジションで受けて前に出したりというところができなかった、というのと、やっぱりもっと後ろを含めて簡単に前進できたと思うので。なかなか良い形で攻撃できなかったので、そこはいつもやっていないメンバーでも、こういう試合の時になっても、コミュニケーションとって良い連係で崩していかないといけないなというのをやっていて感じました」

Q:相手は8枚でかなりコンパクトにブロックを作って守ってきました。そこで自分たちはボランチのライン、3バックのラインをもっと前に上げて攻めることも考えられたとは思いますが、背後も怖い。その駆け引きはどうでしたか。

「3バックの左右はけっこうフリーで持ち上がれたと思うので、あそこでもっと数的優位を作って相手を広げて、中にパスを差していくことや、もっと効果的なパスだったり持ち運びだったりを、僕も含めて後ろの選手はできたんじゃないかなと思ってます」

Q:前半の途中からは吉田選手も椎橋選手もバイタルエリアぐらいまで入ってくるようになって、突破口が見えだしようにも見えましたが。

「ボールを持った時にけっこう中の枚数が足りないなと感じたので、そこで自分たちボランチが祥くんのように、前に駆け上がっていくっていうプレーはもっとやっていかないといけないなと思いました」

Q:DFラインに入ってからの配球はいつも通りにできたとは思いますが、そこから上がっていく動きについてはどうでしたか。

「そこは監督も言ってたんですけど、放り込みがちょっと早いなっていうところがあったので。ベンチメンバーもそこから入ってきたんで、もっと崩して効果的なクロスだったりは上げられたかなと思います」

Q:最後は吉田選手と倍井選手のところからのクロスで、パワープレー気味に攻めていきました。その攻撃はかなり可能性も感じられたと思います。

「パトとギシくんがいて、競り勝って、そこで3回ぐらいはチャンスがあったと思うので、そこで決めきれたりできていれば、というところがやっぱり大事なところだと感じました」

Q:粘り勝たれたようなところもありましたが、相手の強さやしぶとさ、どういう風に感じていましたか。

「こういう対戦ではやっぱり1点取られたらかなり守られると思うんで、まず先制点取られないこと。そして自分たちが先制点を取るんだっていうのは、この試合には大事だったと思います」

Q:吉田選手は負傷から復帰し、90分間のプレーもできてステップは上がれました。今後の試合に向けては。

「今日は試合に負けてしまいましたけど、もっともっと自分のプレーは出せたと思いますし、それはボランチでももっと自分のプレーが出せたと思うので。やっぱりボランチで出たからには攻撃の部分で、もっとスルーパスなどでも危険な選手になれたと思うので。どこのポジションで出ても危険な選手になれるように、守備でも、ゴール前でも恐れられるような選手になっていきたいです」

reported by 今井雄一朗

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ