赤鯱新報

【名古屋vs京都】プレビュー:連戦を、そして勇躍の5月を良い形で締めくくるべく。あらゆる状況をねじ伏せる力強い勝利を。

■明治安田J1リーグ 第16節
5月26日(日)名古屋vs京都(15:00KICK OFF/豊田ス)
———–

苦戦は間違いないと見ていいゲームだ。ふたを開けてみたら…ということはあっても、想定していく上では警戒心はやはり高まる。最下位の京都は前節の広島戦で惨敗し、様々な憶測と声明が飛び交う状況にある。こういった時の次戦というのは大きく二分され、起死回生の好試合をやってのけるか、「やはり」という試合になってしまうか。広島が仕留めた5得点を振り返ればそれはまるで開幕3連敗を喫していた頃の名古屋を観ているようで、運や流れまでもが味方してくれない苦しさが見て取れた。だからこそ名古屋は全力をもってこの一戦に臨まねばならず、試合前の取材機会が一切なかったこともある意味では頷けた。平凡な試合になるわけがないからだ。

(残り 2218文字/全文: 2576文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ