赤鯱新報

【横浜FCvs名古屋】プレビュー:前回とは違う“何ができるか”の問われ方。リーグと地続きの連戦の中で、次のトライアルの結果やいかに。

■JリーグYBCルヴァンカップ 1stラウンド 第3回戦
5月22日(水)横浜FCvs名古屋(19:00KICK OFF/ニッパツ)
———–

ルヴァンカップもまた、本腰を入れ始めるということか。誤解なきように言えば、チャレンジングな戦いを挑める相手はこの先にはもういないということである。J3の大宮はもちろん侮ることなどできない相手だったが、日程を考慮すれば相手もまたターンオーバーは不可避のタイミングでの対戦だった。かくして今回は互いに連戦の最中ではある一方で、負ければ終わりというトーナメントの厳しさはよりカテゴリーの上のチームに色濃くなる。前戦のような大胆な起用はあるのかと問えば、長谷川健太監督はやや食い気味にこう答えた。「“大胆な”はないです」。大会は変わるがマネジメントはリーグの連戦の一部として捉え、油断なき戦力でこの試合は勝ちに行く。

(残り 2315文字/全文: 2692文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ