赤鯱新報

池間叶「自分たちのプレーをもっとこの中断期間で高めて、クラブユースにつなげられるようにやっていきたい」

高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2024 WEST 第7節
2024年5月19日 11:00 KickOff 安芸高田市サッカー公園
サンフレッチェ広島F.Cユース 3-2 名古屋グランパスU-18
得点者:31’大西利都(名古屋)39’井上愛簾(広島)52’井上愛簾(広島)56’小林志紋(広島)90+3’青木正宗(名古屋)
―――――――――
池間叶
〇池間叶選手

Q:思い通りにならないことの多かった試合でした。ボールを持たれる時間も長く、中盤の守備が抜かれることも多かったと思います。ご自身としては問題点をどのあたりに感じながらやっていましたか。

「守備では相手の10番の選手だったり6番の選手、その前の14番の選手がライン間に落ちてきたところの受け渡しだったりでマークにつけきれなくて、そこで前を向かれて。押し込まれるシーンというのが前半の最初からずっと続いて。試合の中で修正していってどんどん守備をはめていければよかったんですけど、それもなかなかうまくいかずで。自分たちもそこで取れなかったので攻めれず、ちょっと全員が攻撃より守備に重くなっちゃったかなっていうのはありました。そこで試合中に修正かけて、うまく対応できればもっと攻撃ができたので、守備のところはそんな感じでしたね。攻撃ではロングボールが多くなってしまって、自分たちは3バックをやっている中で(森)壮一朗のところが狙われて。そこをどうやって突破するかだったり、中盤を使いながらもっと自分たちがやりたいライン間で収めていくことができなかったので、全員で一人ひとりの技術もそうですし、流動性だったり関係性をもっと上げていかないと。広島は強いですし、強い相手はそれでは勝たせてくれないと思うので、練習から立ち返ってやっていかないといけないなと思います」

Q:特に前半にあった中盤を抜かれてしまった守備の部分ではどんな問題があって、どんな修正をかけていこうとしていたのですか。

「相手の中盤、10番や6番は技術が高い選手なので、そこはもう(松嶋)好誠と(八色)真人の守備の対応の部分でも頑張ってもらうしかなかったというのと、全員がそこを助けていかないといけなかったです。ハーフタイムにも話し合いはしましたけど、ちょっとそこが対応しきれずって感じだったので」

Q:後半は守備で構えましたね。行くよりは構えているように見えました。

「突破されることが多かったので、三木さんの指示もあって、ちょっと構えてカウンターを狙うみたいな感じでした」

Q:先制点の形はひとつの突破口にはなっていたと思いますが、それを徹底していく考えもあったのでしょうか。

「後ろの選手、壮一朗や(青木)正宗はロングボールも武器ではあるので、前の選手に(大西)利都がいて。そこでは勝てるし、(神田)龍もボールを拾ったところからは4番の大きい選手相手でもどんどん突破はできていたので。それは自分たちの攻撃パターンとしては持っていますけど、それだけになってしまうとやっぱりダメで。今日はちょっとそれが続いて、足元でやるシーンというのが少なくなってしまいました」

Q:後半は最終的にフォーメーションも変えましたし、青木選手と森選手の位置を変えたりもして、いろいろな修正をしてましたが、早々の2失点が流れを変えてしまいました。

「前半の展開的には、最初から押されてという展開の中で自分たちは失点ゼロで抑えていて、相手の決定機もそんなに多くなかったので、良い展開だと。自分たちも1点が取れて良い形に試合は進められたと思ったんですけど、前半の失点が あったことによって、自分たちのハーフタイムの雰囲気がちょっと重くなってしまったんで。その失点、前半の最後ですけど、あそこまで集中して守り続けないといけなかったっていうのはあります」

Q:最後は一矢報いる形での得点を演出しましたが、やはりもっと早い段階から圧力をかけていきたかったところでしょうか。

「コーナーキックとかは自分たちは練習の中でも多くやっているので、セットプレーを取りに行ってどんどんチャンスを作っていければよかったです。でもその形が圧される展開が多かったので、できなかった。プレミアリーグは一度ここで中断しますけど、自分たちのプレーをもっとこの中断期間で高めて、クラブユースにつなげられるようにやっていきたいと思います」

reported by 今井雄一朗

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ