赤鯱新報

西森脩斗「今週は絶対決めるって気持ちをもって練習から入っていました」【名古屋U-18vs神戸U-18】試合後の選手コメント

■高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2024 WEST 第5節
2024年5月5日 11:00 KickOff 豊田市運動公園陸上競技場
名古屋グランパスU-18 4-1 ヴィッセル神戸U-18
得点者:4’山田海斗(神戸)14’八色真人(名古屋)45+1’西森脩斗(名古屋)65’大西利都(名古屋)83’杉浦駿吾(名古屋)
―――――――――

〇西森脩斗選手
Q:良いゴールでした。ああいうゴール前への飛び込みをずっと続けてきて、やっと一つ決まったというのは手応えもあるのでは。

「ありがとうございます。自分の中でもここまでの4試合に出場してきて、チャンスがありながらも決められなくて。チームを勝たせることができていなかったので、そこも含めて今週は絶対決めるって気持ちをもって練習から入っていましたし、練習が終わった後も残って練習に取り組んだりと、思いを込めてやってきたのが結果につながったので。そこはすごく嬉しく思ってます」

Q:今の戦い方の中では脩斗選手が身体を張って起点になる部分はすごく大事になっていますね。

「そうですね、そこは自分のストロングでもあるので、そこを出さないとチームにいい影響を与えることもできないですし、自分がひとつボールを持ったり、違いを見せることでチームの攻撃も活性化していくと思います。そこは意識するようにしています」

Q:試合は先制点を取られる立ち上がりで、そこからどう立て直していこうと思っていましたか。

「セットプレーが相手は強いというのはわかっていましたし、そこをしっかり全員で集中していこうっていう話は試合前からあったんですけど、結果的にはやられて。でも、やられたことはもう終わったことなので、そこはみんなでもう1回 集中して立て直していこうという話と、自分たちがやってきたことを信じれば別に逆転はできるというのは自分たちの中に自信があったんで。そこに焦りはなかったかなと思います」

Q:相手の守備の形では、脩斗選手のところにもすごく人が多かったと思います。どう打開していこうと考えていましたか。

「ここまでは高体連のチームとやることが多くて、高体連のチームだったら全部バチバチ来たりとか、ロングボールが多かったりしたんです。でも今日は人は多かったんですけど、相手の守備にそこまでの強度があるなと、最初の10分で感じなかったので。そこは別に受けてやれるんじゃないかなっていうのをその10分で感じることができました。そこからより攻撃が活性化したかなっていう風に思います」

Q:逆転してからは名古屋の攻撃がどんどん良くなっていきました。

「そうですね。ここまでの大勝は今年はまだなかったし、4点入るっていうのもなかなかなかったので。そこはひとつ自信にしたいし、これを相手が高体連でも、どこが相手であろうとも、やれないと自分たちの力ではないと思うんで。来週はまた高体連(鹿児島城西)との試合がありますけど、そこでこの自信をさらにもっと深められるようにやっていきたいなって思います」

Q:脩斗選手も1点が取れて、いろいろな感覚が解放されるところもあると思います。次節は自分にも期待するところが大きいのでは。

「試合に出ている以上はいつも得点目指してやっていますし、でも今日ひとつ入ったことで安心したり、そういう感じも出てきて。よりゴール前でのアイデアも出していけると思うので、そこには期待していてほしいかなって思います」

reported by 今井雄一朗

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ