赤鯱新報

杉浦駿吾「誰かのために戦うエネルギーっていうのはこの試合、本当に大きかったです」【名古屋U-18vs神戸U-18】試合後の選手コメント

■高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2024 WEST 第5節
2024年5月5日 11:00 KickOff 豊田市運動公園陸上競技場
名古屋グランパスU-18 4-1 ヴィッセル神戸U-18
得点者:4’山田海斗(神戸)14’八色真人(名古屋)45+1’西森脩斗(名古屋)65’大西利都(名古屋)83’杉浦駿吾(名古屋)
―――――――――

〇杉浦駿吾選手

Q:ナイスゴールでした。八色選手もあのゾーンはずっと狙っていると言っていましたが、杉浦選手もやはり狙っていた場面でしたか。

「そうですね。切り替えというか、相手のセンターバックがちょっとボケっとしている時にはそこを突くっていうのは。
チームとしてファストブレイクを目標としてやっている中で、僕らの1点目のシーンとかも僕がアクション起こして、真人がシュートを選んでみたいなというところからだったんで、あそこはずっと狙っていました。あとは良いボールが来て、決めるだけって感じでした」

Q:そんなに簡単なシュートでもなかった気がしますが。

「でも、思ったよりもセンターバックが来てなかったんで。そのまま左足で蹴ってもよかったんですけど、実は左足ちょっと痛かったんで(苦笑)。右足のアウトで蹴りました」

Q:試合は先制されて立ち上がりは悪い入り方となりましたが、自分はどう感じてプレーしていましたか。

「あのセットプレーでは自分が(得点を決めた)4番にマークについていて。マークを外して、失点して、チームに迷惑かけたんですけど。チーム全体としてはそんなに落ちることなくやってくれたんで。しかも真人の同点ゴールもあったし、そこまでですかね。先制されることは、今季はほとんどの試合で先制されているんで、そんなネガティブにならずにやれたから、結局は逆転できたのかなって思います」

Q:序盤はなかなか前線にボールが入ってきませんでしたが、あまり気にせずにやれた感じでもありましたか。

「そうっすね。自分もフリーだったんですけど出てこなくて、だけど脩斗のところで前進はできていたので。そこでも、脩斗のところでも前進できていなかったら、ちょっと思うことはあったかもしれないですけど、脩斗のところで前進できているなら、その次で自分がかかわればいいかなっていうのはずっと思っていました」

Q:逆転していく流れの中には、高い位置でディフェンスができて、引っかけていわゆるファストブレイクに持っていけたのが大きかったと思いますが。

「そうですね。試合前の練習でも、ちょっとマンツーマン気味で圧をかけようってなって。相手もそれをすごく嫌がっていたので、マンツーマン気味に前からかけて、相手のゴールの近い位置で奪えば自ずと確率も上がると思うので。そこは狙い通りだったと思います」

Q:後半に入ってからは自分たちのリズムで試合ができていたと思います。自分たちで持っていけた部分があったのか、狙いを持って入った変化があったのか、そのあたりはいかがですか。

「何かを大きく変えたわけじゃないですけど、今日は(富川)勇斗が来てくれていたりして、やっぱり誰かのために戦うエネルギーっていうのはこの試合、本当に大きかったです。一番はそこで、この試合の結果を導いてくれたのかなって思います」

Q:やはり富川選手がスタンドにいるというのは、プラスのパワーがあったんですね。

「そうです。試合前のロッカールームでも勇斗は話してくれて、自分たちのサッカーを見て活力をもらってる、元気にしてもらってるって言ってくれたんで。勇斗のためにも戦おうっていうのは、今日のチーム全体として掲げていたことでした。だから、本当に勝てて良かったなって思います」

Q:良い勝ち方にもできましたね。

「ただ失点のところがやっぱりちょっと気になりますけどね(苦笑)。まあ勝てたんで、そこはポジティブに捉えて。失点のところは自分がちゃんと向き合って、やっていけたらいいと思います」

Q:失点のところは、先に点が取れればというところでもあるかと思います。FWとしてこの数試合の多くで先制されていることについては、どういう意識で取り組んでいこうと思いますか。

「最初のチャンスを決めきれば、先制できた試合もけっこうあると思うので、最初の質というところは前3枚は特にこだわっていかないといけないなって思います。練習から各セッションの最初のプレーとかに、もっとこだわってやっていく必要があるなって思います」

Q:前半は特に相手はピッチの真ん中にブロックを敷くような形で守っていました。そこでどうボールを動かしていくかというところに緩さもあったように思えます。杉浦選手は声掛けだとか、自分の動きで見せるとか、どういう意識がありましたか。

「まあでも、相手がある程度固めてきている中でも、個人の感覚としては別にボールは受けられたし、前も向けたと思うんです。ボールは入ってこなかったんですけど、相手が真ん中を固めているから翔登や叶とか、ウイングバックが効果的になってたんで、そこからまたニアゾーンを取りに行く動きとかもできて。真ん中、真ん中、になりすぎなかったことがすごく良かったなと思いますね」

Q:この良い勝利は、次にどうつなげていきたいと思いますか。

「喜ぶのは今日だけにして、やっぱり強いチームっていうのは連敗もしなくて連勝できるチームだと思うので。次の相手も高体連で強い相手だと思うので、また練習から立ち返ってやっていけたらなって思います」

reported by 今井雄一朗

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ