赤鯱新報

大西利都「強いチームは最後の最後に点を取ったり、動けたりするので、そこはチーム全体で意識してやっていきたいです」

大西利都

〇大西利都選手
Q:今日は得点も含めてチームを勝たせる動きができていたのでは。
「前半の試合は3-0ですごく試合的にも良い運びができたんですけど、後半になってからチームにちょっと疲労も溜まって、全体的に出力が出なくなったところがあって。そこはAチームもBチームも、開幕までに後半も衰えずにチーム全体で最後まで攻撃も守備も集中切らさずにやらないといけないなっていうのを実感した試合です」

Q:自分の動き出しに対して良いパスが出てきて、そのうちひとつが得点になりましたが、それ以外にも決定機がありましたね。
「そうですね、去年も今年もですけど、あの動き出しの部分はコーチ陣からすごい指摘してもらっていて。そこは今年は一段と、やっぱりワントップだし動き出しっていうのは大事で、その量も質も大事だと思うので。そこはまだ量も質もまだ足りないんですけど、今日は動き出しの部分で点が取れたことは、すごくよかったです」

Q:この3-4-3というフォメーションの中でのワントップは、どんな意識でやっていますか。
「スペースがあれば、まずは背後が一番で、そこを狙って。あとは相手を動かしたり、味方にスペースを作る動きっていうのを意識してやるようにしてます」

Q:今までやっていたツートップや組み合わせと比べて、このフォーメーションやシステムになっての点を取る作業はどんな違いがありますか。
「やっぱりツートップだと、味方の動きを見て動いたり、ふたりで流動的にもやるんですけど。ワントップだと自分が一番先頭になって動き出さなきゃいけないので、自分がチームの攻撃を牽引するするべきだと思います。そこは変わったところかなと思います」

Q:前からどんどん圧力をかけてボールを奪いに行くのはこれまでと変わらないところだと思います。ディフェンスの部分についてはどんな手応えですか。
「そうですね、相手のセンターバックにワントップで行くというのは、やっぱりひとりだとどうしても追えない部分があるので。そこはトップ下の選手とコミュニケーション取りながらやっています」

Q:今年が始まったばかりの時期の大会でしっかりと点を取ってチームが勝てたというのは良い滑り出しと思います。
「始まったところでは、自分は怪我していてみんなよりも出遅れて、復帰してもコンディションが上がらないところがあったんですけど。ここ2週間ぐらいでコンディションも上がってきて、今大会も結果が、2点ですけど、もっと決められたんですけど、結果が出せたことは良かったかなと思います」

Q:去年から身体も変わってきて、動きもどんどん変わってきていると思っていました。自分のこの1年間の変化であるとか、その変化によっての今年のプレーについてはどうですか。
「始動前だったり、始動してからも対人練習ができなくて。ウエイトの部分で筋トレをしていました。今シーズンはそのまま、シーズンが始まっても続けて、昨シーズンは相手を背負ったりしてボールを失う回数が多かったので、今シーズンは身体をうまく使ってボールを収めるっていう部分もできるようにやっていきたいと思います」

Q:ところでこの前の練習試合ではセンターバックをやっていましたね。
「はい(笑)。自分、中学校3年生の最後のあたりでちょっとセンターバックやってて。たまに練習でもセンターバックやるんすけど、たぶん、少し試されたような感じだったんだと思います。やらせていただきました(笑)」

Q:自分的にセンターバックはどうですか?
「けっこう楽しいです(笑)。楽しいんです。めっちゃ楽しい。どっちでもいい…いや、いやいややっぱりFWの方が良いです(笑)」

Q:ですよね(笑)。約1ヵ月半後にプレミアリーグも開幕します。チーム作りの中でここからもっと上げていきたいところなどは、個人的に、チーム的にどんなことがありますか。
「さっきも言ったような、後半になってから落ちてしまうところ。そこはチーム全体で日頃のトレーニングから意識してやっていかないと、開幕に間に合わないと思います。強いチームは最後の最後に点を取ったり、動けたりするので、そこはチーム全体で意識してやっていきたいです」

Q:FWとしては今日の決定機は全部決めたいところでしょうし、そこを決めるためにどんなことを意識したいですか。
「今日の部分で言えば、決定機は判断がもう、相手をかわすだったりという判断がなかったので。ゴールに蹴るしかできていないので、しっかり四隅狙ったり、選択肢を増やして、日頃の練習でも意識してやっていきたいと思います」

reported by 今井雄一朗

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ