赤鯱新報

池間叶「1年間でもっと強いチームになれるように、やっていきます」

池間叶
〇池間叶選手
「初得点です(笑)」

Q:初でしたか。
「公式戦みたいな試合では、ですね」

Q:冷静な判断からのゴールでしたね。
「利都が最初に抜け出して、自分はそれについていく感じだったんですけど。去年はサイドバックで、あんまりそんなゴール前まで上がる機会はなかったんですけど、今年からウイングバックやらせてもらっていて、前に上がる意識というのは自分の中でも持っているので。とりあえず利都についていこうと思ってついていったら、運よく自分の前にこぼれてきて。キーパーも見れて、後ろのディフェンダーも若干見えてたんで、あそこに。運良く、冷静に決めることはできました」

Q:左から逆サイドのサイドネットはコース的に左足には難しい角度でしたが、しっかり狙えたのですね。
「……狙いました」

Q:答えに迷いがありましたね(笑)。それはともかく、ウイングバックもサイドバック同様にうまくこなせているように見えますが。
「自分は去年、サイドバックやらせてもらって、1年の時はボランチでしたけど、去年は守備面の強化が自分の中ではできたと感じているので。その守備を生かしながら攻撃は、自分は左足のキックが得意なので、クロスを上げる回数はどんどん増えてきたので。そこでどんどんアシストできたらなと思ってます」

Q:去年のサイドバックもすごくハマっていましたが、今年のウイングバックはさらにハマっているような気がしています。
「攻守ともにできるというのが良いですし、高い位置で受けることだったり、去年もオーバーラップは何回かしてましたけど、そのオーバーラップの意識を持ちながら、さらにゴール前まで行って自分が結果を出すっていう意識、本当に強い気持ちがあるので。去年よりは、去年よりも、良い感じで今は進めています」

Q:もともとボランチだった部分も含め、サイドバックの時も良いポジショニングができる選手だなと思っていました。そのあたりも今年のポジションに生きていたりしますか。
「相手を見ての判断だったり、後ろは3枚なので、自分はシャドーとかかわりながら。自分ひとりで解決するっていうよりも、自分は味方を使いながらの方が得意なので、自分の周りに味方が多くいるのが一番自分的には良くて。そこの連係がうまくできてるなっていう感じはしています」

Q:今日の試合は最初は押されたところから、自分たちのペースにして勝つ試合運びができたと思いますが。
「最初はビルドアップがあんまりうまくいかなくて、守備もはまらなくて。ゴール前で抑えるシーンとかが多かったですけど。徐々に自分たちのサッカーをして、自分たちのボールを保持しながら前進して、うまく背後とったりもできるようになって。前の選手は速かったり、強い選手がいるので、そこにボールつけて自分もかかわって。自分たちのゲームには、まあ後半はあんまりならなかったんですけど、前半の中盤からは自分たちのゲームができたんで良かったです」

Q:立て直していく中では背後のパスなど大きな展開が出始めてからがリズムが良くなりだしたように思えました。何か意識したことはありましたか。
「自分はウイングバックで、相手が4-4-2なので逆サイドにボールがあるときは大体フリーになっていたので。自分は身長ちっちゃいですけど、手を上げて正宗だったり間那に見てもらってから、サイドチェンジしてもらって。そこでのクロスだったり、ワンツーだったりで前に入っていけたのが一番良かったのと、大きな展開の部分でも後ろの選手は全員が蹴れるので。そこでサイドが、ウイングバックがどれだけ広めの位置で、右は伊澤ですけど、翔登も勝負できる選手なので、自分たちの左で時間作ってからサイドチェンジして、勝負してもらって自分もクロスに入っていくとか。そういう展開が増えたことで自分たちの展開になったかなと思います」

Q:確かに右で勝負というのはひとつの流れになっていましたね。
「Bだったら羚斗が左で、右は蒼空で。自分たちは自分が左で右が翔登なんですけど、勝負できる選手が右に多いので。1対1をそこで仕掛けてもらって、羚斗と自分はクロスの方が得意なので、そこで違いが作れるのが大きかったかなと思います」

Q:プレミアリーグ開幕も徐々に迫ってきましたが、ここからさらにどうやってチーム力を上げていきたいですか。
「自分は今シーズン、ウイングバックか3バックか、いろいろなポジションをやらせてもらう中で、そのポジションで自分の色を出していかないといけないです。練習からどんどんいろいろなことにチャレンジして、練習試合にそれを活かして、そこに結果がついてこればいいと思うので。ウイングバックをやらせてもらうなら結果という部分にこだわって、センターバックなら無失点だったり、本当に全体の結果と個人の結果の両方を求めてやっていきたいです。チームとしては去年のプレシーズンで調子良くて、前期も調子良かったですけど、後期に落ちてしまった。だから自分たちは天狗になるようなことがないように、プレシーズンも良くて、そのままシーズンに入って、1年間でもっと強いチームになれるように、やっていきます」

reported by 今井雄一朗

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ