赤鯱新報

青木正宗「これから自分がキャプテンをやることによって、このチームが優勝する、タイトル取れるようなチーム作りを、自分が率先してやっていけたらいいなと思います」

青木正宗

〇青木正宗選手

Q:大会MVPですね。
「いや(笑)、自分はMVPじゃないと思ってたんです、最初。でもまあ1本、クロスのところに自分が入っていった、あのチャンスを決めていればMVPもあったかなとは思ったんですけど。あれを外してたんで、ま、ないなと思ってたんですけど、まあ、取れてよかったです(笑)」

Q:今日は良いパスをたくさん通していました。そこに特色を出してきたなという感じもしましたし、このフォーメーションが出しやすいところもあったりしますか。
「ああ、やっぱり後ろが3枚だとウイングバックが高い位置を取れるので。そこを自分は常に見つつ、通せる機会があれば通すっていう意識はけっこう強く持っているので。そこはこの前の練習試合とかでも出せていたんで、自信もって今日も蹴れたっていうところですね」

Q:昨年とフォーメーションが変わったことにはどう対応しているのでしょうか。
「ビルドアップの部分では4枚と3枚とでは全然違うので難しさっていうのはあるんですけど。その後ろ3枚の真ん中の選手がけっこう重要だなと思っていて、そこの選手がどれだけ相手FWを自分のところに食いつかせながら、サイドに出せるかだったりで、だいぶ。ほんとにその一列を超えられるかどうかでだいぶ変わってくると思うので。ほんとに真ん中の時は常にビルドアップのパスの出し方を意識してやろうとはしています。そこはもうみんなが、後ろの選手は特に意識してるので、だんだん慣れてきてるのかなっていう風には思います」

Q:難しさとやりやすさ、両方あると思いますが、どういう風に感じていますか。
「うーん、ま、難しさだったら去年の4枚ならビルドアップだったりはサイドバックにすぐつけて、つければわりとすぐ完結できるところがあったんです。でも、3枚だとさっきも言ったように、真ん中の選手がどれだけうまく出せるかだったりで、だいぶハマるかハマらないかにかかわってくるので。そのビルドアップの難しさっていうのは4枚と3枚ではちょっと違うなって思います」

Q:それが今日の試合の序盤にもちょっと出た感じがありましたか。
「はい。今日の最初だったり、立ち上がり5分、10分のあたりでは、やっぱりまだまだ。緊張もあったと思うんですけど、そこでうまく相手見てプレーするっていうことができてなかったんで。ああいう苦しい入りになったのかなっていう風には感じてます」

Q:ただ青木選手も含めて縦に長いパスであるとか、背後を取るだとか、大きな展開が入ることによってビルドアップもだいぶ楽になっていたように見えましたが。何か意識したことはありましたか。
「まず、ボールを持っている選手が奥から見ないと相手も絶対動かないと思うし、奥を見る、そこを窺うことによって、相手の選手が背後を警戒するので。そこで今度は逆に、手前の間のスペースだったりが空いてくるので。必ず奥を見ながらプレーすることによって相手も変化すると思う。奥が見れたのは、だいぶ大きかったなって思いますね」

Q:展開が変わってからはボランチも機能しました。DFラインとボランチとの関係性はどうでしたか。
「今日のボランチの選手には、ハーフタイムだったりにもう少し、自分たちセンターバックからボランチじゃなく、1回ウイングバックにつけて、そこから経由してだとか、後ろから一発で出すんじゃなく、一回ずらしといてからボランチが受けるような、そういう工夫をしていこうっていう話はしてました。そこも後半になって少しずつ良くなったかなって思います」

Q:前半で点を取り、後半は決定機はあって得点はなし、という展開でした。疲れももちろんあったと思いますが、どう考えていますか。
「これからはプレミアだったり、もっともっと試合のレベルが高くなるにつれて、ああいう1本のシュートだったり、1回のチャンスというのをものにできないと、ほんとにそれで勝点3が取れるか取れないか、勝点1が取れるか取れないかに大きくかかわってくると思います。そういう1回のチャンスや決定機というのを、ここからどれだけこだわってやれるかっていうのが大事になってくると思うので、そこはしっかり練習の中でも、自分がそこを意識させつつ、自分も意識してやっていきたいなって思います」

Q:青木選手は後半になって攻守にどんどん前に行けるようになっていました。対人の部分も強みですし、3バックはそれが出しやすい、特に左右だと出しやすいのかなと思いました。
「自分は今日、後半はサイドのセンターバックやらせてもらったんですけど、その時は自分からウイングバックにつけて、そこから自分がもう1回前に入っていったりとか、潜っていくシーンっていうのが多くあって。そういう部分では、自分がなんて言うんですかね、自分の強みである前への発信力っていうところが3バックになって、より出せる。出せたのかなっていう風には、今日振り返って思いますね」

Q:プレミアリーグ開幕まであと約1ヵ月半ほどです。どういう準備をここからまたさらにやっていきたいと思いますか。
「試合後に監督にも言われたんですけど、ミズノカップは全部勝ったんですけど、この勝ちで自信がついたことは自分としても、チームとしてもすごく良いこと。でもこれで逆に満足しているようじゃ足をすくわれて、これからどんどん負けていくだけだと自分も思うので、そこは本当にこれからの練習がものを言うと思いますし、練習でできないことは試合でもできないと思うので、しっかり練習の中でどれだけチームとして意識高くできるか。それが試合につながってくると思うので、そこはキャプテンである自分がしっかり練習の雰囲気だったり質のところだったりを、こだわらせていきたいなって思います」

Q:今年はキャプテンですね。キャプテンマークはどうですか?
「いや、中3の時もやらせてもらってますし、でもやっぱり、より責任感だったり、チームを勝たせなきゃいけないっていう気持ちは感じているので。これから自分がキャプテンをやることによって、このチームが優勝する、タイトル取れるようなチーム作りを、自分が率先してやっていけたらいいなと思います」

reported by 今井雄一朗

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ