赤鯱新報

椎橋慧也「僕自身ももう少し、サイドチェンジのボールの質とか、縦パスの質というのはこだわりたい」【岐阜vs名古屋】試合後の選手コメント

■Jリーグプレシーズンマッチ ホットスタッフ名岐カップ
2月10日(土)岐阜 1-2 名古屋(14:03KICK OFF/長良川/8,659人)
得点者:14’河波櫻士(岐阜)32’中山克広(名古屋)53’森島司(名古屋)
———–
〇椎橋慧也選手
Q:再びのアンカーでの実戦でしたが。
「そうっすね。まあ、失点して、立ち上がりは押し込まれてそんなに良い流れじゃなかったですけど。2ボランチにしてから、あとはガミくんが入ってきて、僕と司とでワンタッチの距離感で相手陣に押し込めたからこそ、得点にもつながったと思うし。最初の入りが課題だったかなって感じです」

(残り 1241文字/全文: 1516文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ